知識と英語力を伸ばす最新TED5本

10月 22, 2017 Masato1905 0 Comments




TEDとは?TED is a nonprofit devoted to spreading ideas, usually in the form of short, powerful talks (18 minutes or less). TED began in 1984 as a conference where Technology, Entertainment and Design converged, and today covers almost all topics — from science to business to global issues — in more than 100 languages. Meanwhile, independently run TEDx events help share ideas in communities around the world.
TEDとはパワフル話を短い形でアイディアを広めることに貢献する非営利団体です。
TEDは1984年にテクノロジー、エンターテイメント、デザインについてのカンフェレンスとして初めまり、今ではほぼ全てのトピック(サイエンスからビジネス、グローバル問題まで)を100以上の言語で扱っています。一方で、独立したTEDxイベントはでは世界中のコミニティーでアイデアをシェアすることを助けています。


1:プレゼンテーションの型を知ろう

公式や型といったものをあてはめると分かりやすく、スムーズに流れが作るものです。
また、格好をつけるために欠かせません。
TEDでは様々なプレゼンテーションが行われてきましたが、それを見てきた2人のスタッフの協力し、その「型」を広めるためこのプレゼンテーションが行われました。
彼のプレゼンのテーマは「無」。にも関わらず何か得たような、そしてまるですごい発表をしているように見える方法を知りましょう。

2:東京大学のAI開発・非ネイティブの英語を聞く
東ロボくんをご紹介します。このAIは、大学の入学試験で上位20%の成績を収めました—何も理解することなしに。ロボットがすぐ大学に入学するようになるわけではありませんが、東ロボくんの成功は人間の教育の未来に疑問を提起します。人間がAIより上手くできることについて子供たちが上達できるよう、私たちはどう助ければよいのでしょう?
ネイティブの英語を聞くのはリエゾンやスピート的に大変なことがあります。ですが、このプレゼンは非常に分かりやすいゆっくりとした英語なので字幕なしでみると英語力の向上に手を貸してくれるかもしれません。

3:葬儀の方法
もしも私達が死んだあと、遺体が防腐処理をして埋葬されたり火葬で灰になったりする代わりに、新しい命を育てる手助けになるとしたらどうでしょう? 自然の堆肥化のプロセスを利用して、遺体を命を育む土に変え、地球にも死者にも敬意を表するシステム「再組成(人体堆肥化)」について、カトリーナ・スペードが語ります。
火葬するのが当たり前である日本ですが、世界では様々な葬儀の方法があります。アメリカでは土葬の割合がどんどん少なくなっていき、火葬が最近はほとんどになっています。ですが、もっと新しいそしてエコな方法を取り入れた新しいアイディアがここでは紹介されています。文化の違いをしり、当たり前にとらわれない大切さも知ることができます。
4:識別技術の進化
10年前には研究者達はコンピューターで猫と犬を見分けるのはほとんど無理だと思っていました。今日では、コンピュータービジョンシステムにより99%以上の精度で行えるようになっています。どうやってでしょうか? ジョセフ・レドモンはオープンソースの物体検出システム YOLO (You Only Look Once) に取り組んでいて、シマウマから一時停止の標識まで、映像や画像の中の物体を瞬時に識別できるようにしています。この目を見張るようなデモで、レドモンは自動運転車やロボットやガンの検出といった応用に向けた重要なステップを披露しています。
画像を識別する技術の進化のすごさが分かります。また、アメリカの大学院生が行うレベルの高さにも驚きました。日本でも大学院生の開発がもっと注目されてもいいのではないかと思います。
5:難民問題について考える
2016年には6,500万人が紛争や災難のため住む場所を追われました。これは単に危機というだけでなく、我々が何者であり、何を信条とするのかが問われる試金石だとデイヴィッド・ミリバンド は言います。そして我々ひとりひとりに問題解決に手を貸す個人的な責任があるのだと。この必見の講演でミリバンドは、難民を助け、思いやりと利他性を行動に移すための具体的で実現可能な方法を示します。
難民問題に対して意識が薄いのは地理的に仕方がないことだと思っています。ですが、様々に世界と繋がっている現代社会ではどこかの国の問題が自分の国に影響してくるものです。少しでも、いま起きている問題を知ることが大切です。

0 コメント: